顔脱毛の痛みを感じないやり方

家庭でできる家庭用脱毛器を使用する際にも、顔の脱毛の時には、出力を少し抑え目にして使用しておいた方がいいと思います。

顔の脱毛というのは、脇や足などに比べて、ムダ毛が細いのですが、鼻の下の脱毛をする際には、しっかりと冷やしておかないと痛みが走ります。

冷やすことがめんどくさいと感じ、しっかりと冷やさずに脱毛を開始してしまうと、ピリっと痛みを感じます。

ですが、しっかりと脱毛箇所を冷やしてから脱毛をすると、痛みは感じずに、ムダ毛が焦げた焦げ臭さだけを感じ、それほど痛みを感じることがありません。

なので、顔の脱毛の時には、適切な脱毛というのが大切です。

顔の脱毛の中で、一番痛いのは、鼻の下だと思いました。
小さな産毛がたくさんあるので、脱毛をする際には、一番ピリっと痛みを感じます。

ですが、その分、鼻の下のムダ毛がなくなることで、ムダ毛処理をしないでもよくなり、ストレスが軽減されます。

顔の中で一番目に付く場所なので、ここのムダ毛は無くしておきたいところです。
痛みはありますが、しっかりと脱毛をしたい場所です。

なので、顔の脱毛は、急がずに、痛みを感じず脱毛が辛いと感じないように、しっかりと冷やしてから脱毛をして、確実にムダ毛の処理をしていくのがいいと思います。

ムダ毛が減ってくれば、顔の脱毛の痛みもだんだんと少なくなってくると思います。
毛が細くなってくれば、その分、脱毛の機械の強さを弱くし、弱い光で脱毛をすることができます。

光の強さを弱めることで痛みも減りますので、家庭用脱毛器を使用する際には、自分の合った光の強さを選ぶことで、痛みを感じることを減らすことができます。