顔の脱毛って安全なの?

顔脱毛の肌への影響や、痛みなどのリスクなどの安全性についてのお話です。
肌のケアなど脱毛期間中にすべきアフターケアについてもぜひ知っておきたいです。

顔を脱毛したいと考えている方はたくさんいると思いますが、顔というのは脱毛を失敗できない部分になります。

脇や腕、足などは、普段は隠れているので、万が一何か赤みが出てしまったりしても、数日感隠すことができます。

ですが、顔は、お化粧をして隠すことはできますが、デリケートな部分なので、脱毛をするときにはしっかりと安全を確認することが必要です。
顔は、デリケートな部分なので、脱毛をする際には、リスクを考えなければいけません。

脱毛サロンなど、自分ではなく、病院などで脱毛をするのであれば、スタッフの方がしっかりと安全を確認してくれますが、自分で脱毛をする際には、顔の脱毛する前には、しっかりと安全確認をする必要があります。

顔の脱毛をする前に、腕の脱毛をしてみたりして、髪の毛を染めるときに「パッチテスト」のような感じで、脱毛のチェックもしてみたほうが、顔脱毛を失敗しないために必要なことだと思います。

顔は、脱毛でムダ毛がなくなることで、自分のストレスもなくなりますし、顔も明るく見えるので、とてもいいことだと思います。
ですが、その分、もしも赤みが出てしまったりすると、それもまたとてもわかりやすくなってしまいます。

なので、顔の脱毛は、急いで行うとリスクが発生するので、安全のためにも、ゆっくりと急がず脱毛をすることが大切だと思います。

しっかりと、肌のことを考えて脱毛をすることで肌がきれいになり、お化粧のノリも良くなるので、安全な顔脱毛は、とても良い事だと思います。

脱毛後に、後悔をしないためにも、顔の脱毛前には、自分の肌の調子が良いときに、体調を整えて脱毛をすることが大切です。

夏の日焼けあとや、冬の肌が乾燥している時にはせずに、脱毛後にもしっかりと肌を保湿して調子を整えておくと、良いと思います。

 

顔脱毛の痛みを感じないやり方

家庭でできる家庭用脱毛器を使用する際にも、顔の脱毛の時には、出力を少し抑え目にして使用しておいた方がいいと思います。

顔の脱毛というのは、脇や足などに比べて、ムダ毛が細いのですが、鼻の下の脱毛をする際には、しっかりと冷やしておかないと痛みが走ります。

冷やすことがめんどくさいと感じ、しっかりと冷やさずに脱毛を開始してしまうと、ピリっと痛みを感じます。

ですが、しっかりと脱毛箇所を冷やしてから脱毛をすると、痛みは感じずに、ムダ毛が焦げた焦げ臭さだけを感じ、それほど痛みを感じることがありません。

なので、顔の脱毛の時には、適切な脱毛というのが大切です。

顔の脱毛の中で、一番痛いのは、鼻の下だと思いました。
小さな産毛がたくさんあるので、脱毛をする際には、一番ピリっと痛みを感じます。

ですが、その分、鼻の下のムダ毛がなくなることで、ムダ毛処理をしないでもよくなり、ストレスが軽減されます。

顔の中で一番目に付く場所なので、ここのムダ毛は無くしておきたいところです。
痛みはありますが、しっかりと脱毛をしたい場所です。

なので、顔の脱毛は、急がずに、痛みを感じず脱毛が辛いと感じないように、しっかりと冷やしてから脱毛をして、確実にムダ毛の処理をしていくのがいいと思います。

ムダ毛が減ってくれば、顔の脱毛の痛みもだんだんと少なくなってくると思います。
毛が細くなってくれば、その分、脱毛の機械の強さを弱くし、弱い光で脱毛をすることができます。

光の強さを弱めることで痛みも減りますので、家庭用脱毛器を使用する際には、自分の合った光の強さを選ぶことで、痛みを感じることを減らすことができます。

顔脱毛の方法とムダ毛や肌への影響

脱毛の方法は各店で使用するマシンで違います。
脱毛効果も、肌への影響も様々です。

医療脱毛なら1回1回やるたびに効果を実感できます。いろんなマシンがありますがその効果はどれも高いです。医療機関での施術ということもあり、常に肌の状態をチェックすることができ、看護師が脱毛を行い、薬の処方が的確で早いんです。

エステでは安く医療脱毛ほどの効果はないけど脱毛を始められる点で爆発的な人気がありますが、近年は無痛だったち、肌が弱くてもニキビがあっても可能だったり、美肌効果もついてくる脱毛など医療脱毛にはない差別化が始まっています。

肌への美容効果。

名古屋にもディオーネは数店舗ありますが、このサロンの脱毛はかなり特殊なんです。
トップページでも説明していますが、無痛で、美肌、産毛にも効果を発揮します。このページではちょっとつっこんだ説明をします。
そのディオーネで行う脱毛はハイパースキン脱毛といって、フォト美顔の効果もあるんです。
顔の脱毛をしながら、張りと艶を出す美肌エステが同時にできるんです。

フォト美顔は1998年にアメリカで開発された技術で、フォトフェイシャルや光フォトとも呼ばれます。

IPLという特殊な光をお肌に照射することにより、シミや毛穴、たるみ、くすみといったお肌の悩みに対して効果的に作用します。

具体的に、どのようなメカニズムでお肌に有用な効果を及ぼすのでしょうか?

まず、IPLとは何か。

これはインテンスパルスドライト(Intense Pulsed Light)という光で、従来の光である「レーザー」よりもパワーを落とした、優しい波長を持つ特徴があります。
フィルターがかかった柔らかい光をイメージしてください。レーザーのようにお肌に照射した部分をダイレクトに治療するのではなく、悩みの原因になっているお肌の深層にいるターゲット(メラニン等)に対してのみ反応し、治療します。

次に、効果について。

乾燥や日焼けなどによってメラニン色素が定着し、シミやそばかす、毛穴の開き、くすみといった肌トラブルが生じます。
これに対してフォト美顔を施すことで、原因となっているメラニン細胞に働きかけ、お肌を活性化。根本を治療することで悩みの改善が期待できます。
お肌のコラーゲンも活性化されて増加するので、若々しいお肌を保つ事にも役立ちます。

最後に、治療について。

フォト美顔はエステサロンや美容クリニックで施術を受けることができ、サロンによって異なりますが大体1万数千円~の価格帯です。
効果は充分に期待できますが個人差がある領域ですので、いきなり複数回コースの契約などはせず、まずはお試しで一回受けてみることをお勧めします。

また、光の照射後、シミやそばかすの部分は赤く浮き出てきて2,3日後にぽろぽろはがれ落ちてきます。
その間、お肌の状態はお世辞にもいいとは言えませんので、大事な用事や仕事がある時期は避けたほうが良いでしょう。

しかし、1回で効果を感じられない人もいます。その場合は、ひとまず月1回以上、数ヶ月様子を見てほしいです。
効果を感じられた人も、継続することが重要なスキンケアですので、月1回を習慣づけたいですね。

お肌に負担をかけない、おなじみのスキンケアのひとつとなってきたフォト美顔。
多くの人に支持されていて、今後もいろいろな人の選択肢に入るであろう美容法です。

糸脱毛について

顔の糸脱毛(スレッディング)は中国やアジアで昔から行われていた方法で、このごろはヨーロッパのセレブもしているそうです。細い糸を顔の上で滑らせて脱毛します。

ひげがはえない女性の顔にも細かい毛ははえていて、たまに剃ると顔のトーンが明るくなりますし、化粧ののりがよくなりスキンケアがしやすくなるという、女性にとってはうれしい脱毛方法です。

しかし怪我をしないように剃るのは大変ですし、こまめに剃るのは難しいです。剃ることで肌へダメージをあたえてしまうかもしれないというリスクもあります。

顔の糸脱毛のいいところは、細かい産毛も抜けるということです。顔のちょっとしたマッサージができるというスキンケアの効果もあります。自分の手でマッサージしても、力を入れすぎて効果が出ないことが多いですが、糸だとそんなに力を加えることはないです。

デメリットは、メリットと矛盾するかもしれませんが肌にダメージをあたえてしまう可能性があるということです。じょうずに行えば肌にもいい糸脱毛ですが、行う人のやり方しだいでそうではなくなるのです。

サロンで施術してもらうとしても、永久脱毛ではないので数回施術してもらえば顔の産毛が消えるということはないというのもデメリットかもしれません。
顔の糸脱毛がどういうものなのか、ピンとこない場合はまずは動画で見てみることをおすすめします。自分でもできるそうですが難しそうなので、もしするのだったら腕がいいサロンの人にお願いしたいです。

糸脱毛のメリットとデメリットはあっても、眉毛のお手入れにはとてもいい方法です。眉毛はピンセットで抜いたり剃ったりカットする場合が多いですが、これらの方法だと毛根をいためやすいです。サロンでやってもらうとしても眉の糸脱毛だけならそんなにお金はかからないです。もしサロンに通うとしたら、事前にいろいろ調べたり、気になることはサロンに質問したりなど、納得いくまで情報収集をしたいものです。

 

顔脱毛の期間は紫外線対策と保湿がもっと大事になります。

顔脱毛を続けていく間は、日焼けは絶対に厳禁です。紫外線対策と肌を守る保湿について効果的な方法についての一例を上げてみます。

UVケアは季節ごとにやり方が違います。
まず、春や夏の紫外線がきつい季節はPHの高い日焼け止めをしっかりぬります。化粧品にもUVカット成分は含まれていますが、夏の紫外線はそれだけでは足りないので、少しきつめの日焼け止めをぬることで対処しています。
しかし、きつい日焼け止めは乾燥肌の私にとって天敵にもなります。スキンケアをしっかりしていなければ、日焼け止めををぬることで肌の水分や油分が失われカサカサになってしまいます。カサカサになると、それが原因で目尻や口元に小じわができたり、顔全体がくすんで見えてしまいます。

UVケアは大切ですが、それ以上に大切になってくるのは保湿なのです。
春・夏の保湿は、スキンケア自体は年中同じものを使用していますが、化粧下地を潤いの高いものにします。いつも通り洗顔、化粧水、乳液の順でスキンケアを行った後、日焼け止めをぬります。そして化粧下地をぬっていくのですが、この化粧下地は保湿成分がしっかり配合されているものにします。その上からパウダーファンデーションを軽く押さえるように伸ばしていきます。そうすることで日中も肌が乾燥するのをしっかり防いでくれます。

日焼け止めで肌が乾燥するのはスキンケアに問題があると思っていた時は、どのスキンケア用品を使っても乾燥は防げませんでした。しかし、もしかしたらと化粧下地を変えてみたところ驚くくらい肌の質が変わったので、化粧下地の重要性を知りました。
秋や冬場の紫外線が弱まる季節はきつい日焼け止めは使用しません。下地やファンデーションに含まれているUVケアで事足りるからです。

ただ寒い季節というのは肌の乾燥も酷くなります。ですから次は保湿に力を入れます。と言っても、化粧水や乳液は夏場と同じものを使います。違うのは、眠る前に「夜用乳液」をひと塗りすることです。すなわち美容液のことです。これをするだけで翌日の肌は見違えるほど変わります。

また、ファンデーションはパウダーからクリームに変えます。それだけではカバー力が足りないなと思う時には上からパウダーファンデーションを少しトントンと軽めにぬります。
このようにして、UVケアと保湿をしっかり行っています。

脱毛の光はエステも医療レーザーも基本的に黒いものに反応しますから、肌が黒いと肌にダメージがいってしましますので、ディオーネやラヴォーグなど、日焼けした黒い肌でも顔脱毛を問題なくできる特殊なマシンを導入しているサロン以外では脱毛を断られることもありますので、ちょっとした外出であっても紫外線対策と保湿をする習慣をつけておきたいですね。
どうしても肌を焼きつつ顔の脱毛もしたい場合にはディオーネのハイパースキン脱毛やTBCのスーパー脱毛であれば可能です。トップページに名古屋の各店の顔脱毛のキャンペーンや料金比較をしていますので参考にしてください。

 

顔の脱毛とシミ・そばかすへの影響について

エステやクリニックで人気の顔脱毛で、シミやそばかすに影響が出る事があるといわれていますが、特にクリニックのレーザー脱毛は出力が高いため肌へのダメージも大きく、肌が刺激されてシミやそばかすが増えてしまうこともあります。

一般的にほくろのように濃いシミの場合は、シールを貼ったりその部分をよけるなどして施術が行なわれます。その理由としては、脱毛で使われるマシンから出る光は、肌のメラニン色素に反応するためそのまま施術をすると火傷を起こしてしまうリスクがあります。シミやそばかすが無い場合でも出力によっては火傷を起こすリスクがゼロではありませんので、黒っぽくなっている部分や日焼け肌にはダメージが強いと考えておく必要があります。

そのため、施術の前後はできるだけ日焼けをしないことが推奨されていますし、クリニックによっては日焼け止めのサンプルをもらえるところもあります。その位、顔脱毛の施術後は肌がデリケートになっていますし、施術後に紫外線にあたると通常よりもシミやそばかすはできやすい状態になっていると考えられます。

顔脱毛は正しい環境や条件で行うことで、顔の印象を明るく見せることが出来ますが、シミやそばかすが既にある方や気になるという方は施術の影響はあると考えておいた方が良いですし、施術前にサロンのスタッフやクリニックの医師に相談することをおすすめします。

問題ないと判断されれば施術を受けることはできますが、その場合でも施術後は日傘や日焼け止め、帽子などで紫外線の影響を防ぐのが重要です。施術を受けた刺激で肌のターンオーバーに変化が起こり、新しくシミが出てくるケースもありますので、顔脱毛はメリットとデメリットがあることを理解しておきましょう。

 

名古屋の顔脱毛のおすすめ店です。