顔脱毛の期間は紫外線対策と保湿がもっと大事になります。

顔脱毛を続けていく間は、日焼けは絶対に厳禁です。紫外線対策と肌を守る保湿について効果的な方法についての一例を上げてみます。

UVケアは季節ごとにやり方が違います。
まず、春や夏の紫外線がきつい季節はPHの高い日焼け止めをしっかりぬります。化粧品にもUVカット成分は含まれていますが、夏の紫外線はそれだけでは足りないので、少しきつめの日焼け止めをぬることで対処しています。
しかし、きつい日焼け止めは乾燥肌の私にとって天敵にもなります。スキンケアをしっかりしていなければ、日焼け止めををぬることで肌の水分や油分が失われカサカサになってしまいます。カサカサになると、それが原因で目尻や口元に小じわができたり、顔全体がくすんで見えてしまいます。

UVケアは大切ですが、それ以上に大切になってくるのは保湿なのです。
春・夏の保湿は、スキンケア自体は年中同じものを使用していますが、化粧下地を潤いの高いものにします。いつも通り洗顔、化粧水、乳液の順でスキンケアを行った後、日焼け止めをぬります。そして化粧下地をぬっていくのですが、この化粧下地は保湿成分がしっかり配合されているものにします。その上からパウダーファンデーションを軽く押さえるように伸ばしていきます。そうすることで日中も肌が乾燥するのをしっかり防いでくれます。

日焼け止めで肌が乾燥するのはスキンケアに問題があると思っていた時は、どのスキンケア用品を使っても乾燥は防げませんでした。しかし、もしかしたらと化粧下地を変えてみたところ驚くくらい肌の質が変わったので、化粧下地の重要性を知りました。
秋や冬場の紫外線が弱まる季節はきつい日焼け止めは使用しません。下地やファンデーションに含まれているUVケアで事足りるからです。

ただ寒い季節というのは肌の乾燥も酷くなります。ですから次は保湿に力を入れます。と言っても、化粧水や乳液は夏場と同じものを使います。違うのは、眠る前に「夜用乳液」をひと塗りすることです。すなわち美容液のことです。これをするだけで翌日の肌は見違えるほど変わります。

また、ファンデーションはパウダーからクリームに変えます。それだけではカバー力が足りないなと思う時には上からパウダーファンデーションを少しトントンと軽めにぬります。
このようにして、UVケアと保湿をしっかり行っています。

脱毛の光はエステも医療レーザーも基本的に黒いものに反応しますから、肌が黒いと肌にダメージがいってしましますので、ディオーネやラヴォーグなど、日焼けした黒い肌でも顔脱毛を問題なくできる特殊なマシンを導入しているサロン以外では脱毛を断られることもありますので、ちょっとした外出であっても紫外線対策と保湿をする習慣をつけておきたいですね。
どうしても肌を焼きつつ顔の脱毛もしたい場合にはディオーネのハイパースキン脱毛やTBCのスーパー脱毛であれば可能です。トップページに名古屋の各店の顔脱毛のキャンペーンや料金比較をしていますので参考にしてください。